研究分科会

研究会開催記録


研究会の開催記録や講演資料(pdfファイル)を公開しています。
画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。

研究会のお誘い

熱物性学会では、現在下記の5つの研究会を開催し参加を募集しております。

参加登録は下記に記載の要領で受け付けております。本学会員外の方もふるってご参加ください。

「断熱材の熱物性計測と評価」

オーガナイザー
吉田篤正(大阪府立大学),藤本哲夫(建材試験センター),大村高弘(和歌山高専),富村寿夫(熊本大学),平澤良男(富山大学),小宮敦樹(東北大学) ,阿子島めぐみ(産業技術総合研究所),下野和昭(明星工業),田坂太一(建材試験センター),木下進一(大阪府立大学)

<研究会の趣旨>
断熱材の熱伝導率は,金属,セラミックス,高分子樹脂などと比べて非常に小さく,従来から正確な測定が困難であった.常温以外の高温,低温領域における評価にも課題が残っている.省エネルギーに対する関心も高まり,断熱材の低熱伝導率化も急速に進みつつある.研究分科会では,現在の熱伝導率測定技術の問題点とそれに対する最新の研究動向,断熱材の熱物性に関するモデル化を含めた評価,低熱伝導率断熱材(ナノ粒子を使った断熱材や真空断熱材)の開発状況,断熱材の使用現場での問題点と今後の展開について情報収集を行い,議論を通して断熱材の材料開発,熱物性評価,施工技術などに関する理解を深めていく.

<研究会のお知らせ>
「断熱材の熱物性計測と評価」第7回研究分科会を下記のとおり開催いたしますのでご案内いたします。今回は、国立研究開発法人産業技術総合研究所の依田智先生と旭化成建材株式会社の横家尚先生に、新しい高性能断熱材の開発に関わる内容をご講演いただく予定です。皆様お誘い合わせの上、是非ともご参加いただきますようご連絡申し上げます。

■日  時:平成30年5月17日(木)14:00 - 16:30
■場  所:(一財)建材試験センター 日本橋オフィス6階 B会議室
(〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-8-4 日本橋コアビル)
http://www.jtccm.or.jp/access/nihombashi.html
■プログラム:
14:00~15:00 講演題目:「新しい断熱材の開発と性能評価 ~材料研究者の憂鬱~」
講 師:国立研究開発法人産業技術総合研究所
 化学プロセス研究部門階 層的構造材料プロセスグループ 研究グループ長
 依田 智 先生
15:00~15:15 フリーディスカッション
15:15~16:15 講演題目:「高性能断熱材 ネオマフォームの概要と今後の課題」
講 師:旭化成建材株式会社 事業本部 技術部 断熱材技術グループ
 横家 尚 先生
16:15~16:30 フリーディスカッション
■参 加 費:無料

参加ご希望の方は、事務局田坂まで電子メールにてご連絡をお願いいたします。
連絡先:tasaka@jtccm.or.jp

「先進材料の熱物性と宇宙システムデザイン」

オーガナイザー
阿部純子(三菱スペースソフトウェア),長野方星(名古屋大),岩田稔(九州工大),石澤淳一郎(JAXA/技術本部),太刀川純孝(JAXA/isas),杉田寛之(JAXA/研究開発本部) ,田川雅人(神戸大),井本寛之(三菱スペースソフトウェア),大西晃
連絡先:tagawa@mech.kobe-u.ac.jp

<研究会の趣旨>
本研究会は、宇宙という特殊な環境における材料の熱物性にスポットを当てミクロには真空下における低温から高温域の材料の伝熱のメカニズムを理解し、マクロにはそれらのデータを宇宙機の設計に反映させ設計の自由度と信頼性を高める。 新たに宇宙の研究や開発に参加する若手研究者・技術者・学生を対象に従来の材料の熱物性や測定技術および熱設計について解説する。 そして、これら新旧技術を合わせて議論することにより新たな材料や設計手法を見出していくことを狙っています。

「ふく射性質とその放射制御に関する研究会」

オーガナイザー
花村克悟 (東京工大),牧野俊郎 (近畿能開大),山田純(芝浦工大),宮崎康次 (九州工大),高原淳一 (大阪大),鈴木雄二 (東京大),森本賢一 (東京大),若林英信 (京都大),戸谷剛 (北海道大),鈴木基史 (京都大),桑原正史 (産総研)

<研究会の趣旨>
ふく射の放射は,対象とする物資の本質的なふく射性質によるが,その詳細については必ずしも明確ではなく,さらに表面に人為的な周期構造を施すことにより,そのスペクトルや指向性の制御が可能であるとされている.本研究会を通して,これらのふく射の放射過程について理解を深め,新たなふく射輸送あるいはエネルギー変換の高度化を目指すことを目的としている.

「高温融体物性と材料プロセス」

オーガナイザー
福山博之 (東北大),須佐匡裕 (東京工大),佐藤 讓 (東北大),田中敏宏 (大阪大),中島邦彦 (九州大),日比谷孟俊 (慶應義塾大),渡辺匡人 (学習院大),山口勉功 (岩手大),柴田浩幸 (東北大),太田弘道 (茨城大),小澤俊平 (首都大),石川毅彦 (JAXA),渡辺博道 (産総研)
連絡先:福山博之(秘書:佐々木美和)miwas@tagen.tohoku.ac.jp

<研究会の趣旨>
本研究会では,鉄鋼,非鉄金属,無機材料,スラグ,溶融塩を対象に材料プロセスに必要とされる熱物性値や熱力学的特性の他,融体構造や凝固・組織形成,結晶成長,濡れなどを含む幅広い界面現象およびその測定法の開発を研究対象とし,高温材料物性・プロセスに関する議論と情報発信を行ないます.

「低温環境における熱物性の基礎と応用」

オーガナイザー
大久保英敏(玉川大),熊野寛之(信州大),関光雄(東洋製作所),田中明美(日本女子大),堀部明彦(岡山大),山田雅彦(北大)
連絡先:ohkubo@eng.tamagawa.ac.jp

<研究会の趣旨>
本研究会では、我々の生活環境である室温よりも低い温度を低温と定義し、この温度領域における熱物性について議論します。
人工的に低温環境を実現する機器が多様化・高度化するとともに、対象とする温度域も室温以下から絶対零度近傍まで広範囲に拡がっており、理学・工学分野だけではなく、医学、農学等々の多くの分野で正確な熱物性値が必要とされています。研究会では、低温環境における熱物性に関する現状調査を実施するとともに、低温領域の熱物性値を収集し、整理します。
低温環境における熱物性研究は、科学技術の発展に伴って高度化する要求にも応える必要があります。測定例の少ない熱物性値や信頼性の低い熱物性値に関して課題を検討し、測定が必要と考えられる熱物性値に関して、測定法や推算法、低温機器の設計等への応用に関する議論を行います。 研究会は学生の参加も可能とし、オーガナイザーが所属する大学で(5大学で計5回)実施する予定です。


お申し込み方法

ご氏名/ご所属/参加ご希望の研究会名称(『先進材料の熱物性と宇宙システムデザイン』『水の特異な熱・輸送特性と応用』『高温融体物性と材料プロセス』『低温環境における熱物性の基礎と応用』など)を明記/本学会員(会員種別)・非会員の別/等をご記入の上、連絡先メールアドレスまでご連絡ください。

topへ